鋭意、作成中。偏差値群Aの大学完成!

北海道大学 理学部 化学科

 化学科についての説明は目次の③からになります。北大や北大理学部の説明を飛ばしたい方は③から読んでください。

北海道大学について

まずは北海道大学について

大学の雑感や公式サイト

 北海道大学の公式HPはこちら

 割と見やすいHPになっていますね。高校生が必要となる、学部学科の紹介のページへもたどり着きやすい構成となっています。

 各学部学科のページも古臭い感じはなく、画像もたくさん盛り込まれていて、しっかりと高校生に向けてアピールしようという姿勢が感じられますし、頻繁に更新されているような印象も受けます。

 次に北海道大学の特徴です。

北海道大学の特徴
  1. 入試制度が特徴的
  2. 農学部、水産学部、獣医学部など土地柄を象徴する学部
  3. 工学部は非常に多くのコースがあり、やりたいことが見つかる
  4. 大学が街の中心部に所在
  5. 国土の1/570を占める広大な北大付属の研究施設がある

 入試制度については、後ほど「農学部の入試制度について」で詳しく解説します。

農学部、水産学部、獣医学部など土地柄を象徴する学部

 他の大学と比べて、農学部が大きいです。農学部なら北大!と言われているそうです。
 さらにあまり他大学にはない水産学部・獣医学部があります。まさに北の大地・北海道らしさが溢れる学部構成です。
 
工学部には学科の中に多数のコースあり

 工学部に関しては、学科からさらにコースが分かれています。それぞれのコースはおよそ30人〜60人。
 農学部の各学科の定員が40人弱なことを考えると、工学部はコースが一つの学科という認識が合うかもしれません

 そう考えると、15の学科あるということになり、かなり多岐に渡ります。
 工学部志望の人は北大の工学部ならやりたいことが見つかるかもしれませんね。

街の中心部に所在

 北海道大学は札幌駅の近く、まさに街の中心部に大学があります。

 学問以外の生活の面でも楽しめますね。

国土の1/570を占める広大な北大付属の研究施設

 北海道大学は、北方生物圏フィールド科学センターという研究施設を保有しています。

 HPはこちらから

 北方生物圏フィールド科学センターは

  1. 森林圏ステーション(研究林)
  2. 耕地圏ステーション(研究農場・牧場)
  3. 水圏ステーション(臨海・水産実験場)

 で構成されており、これらの自前の施設を使って研究を行えるのが北大の魅力の一つでしょう。

北海道大学の学部構成(各リンク)

 さすが旧帝大。総合大学でめぼしい学部は全て揃っています。農学部を見ていきましょう。

北海道大学理学部について

 次は理学部について見ていきましょう。高校生向けのページの公式リンクはこちらから。結構力を入れて造られています。

 【北大理学部の特徴】

北海道大学理学部の特徴
  1. 5学科あり、生物学科は2専修
    やはり生物学科が最多募集人数
  2. 卒業生の約9割が研究を深めるため大学院に進学
  3. 広いキャンパスと充実した施設

 これらがあげられると思います。

 理学部という学部ゆえ、学部全体として何か突き抜けた特徴というものは出せないでしょう。違いは中身の研究内容になると思います。

 そのため、学部のHPも一般的な理学部の説明となっています。

 が、高校生に向けて理学部の楽しさ・素晴らしさを伝えようとしている力の入ったHPですので、是非一度見てみてください。面白いと思います。

 特徴としては、やはり生物学科が大きいこと。

 研究には美しいものに触れる機会や、心のゆとり、さらには他分野との交流などが大切になってきます。

 大きく自然豊かなキャンパスで学べることは意外と大きな意味を持つかもしれません。

学科構成

  1. 数学科(50)
  2. 物理学科(35)
  3. 化学科(50)
  4. 生物学科
    • 生物学専修(40)
    • 高分子機能学専修(40)
  5. 地球惑星科学科(40)

 ()は募集人数です。5学科6専修あり、合わせると生物学科が最多人数です。

 この募集人数には大学の特色が結構色濃く現れます。

他大学との比較

 他大学の理学部と比較して見ましょう。同じ偏差値群Aと比較して見ます。

 偏差値群って何?という人はこちらの記事を参照してください。

【大学の偏差値群】

関連記事

偏差値群から考える 細かな偏差値の差にこだわるのは無意味です。が、あまりに自分の偏差値とかけ離れた大学に進学することもオススメできません。 これは「大学の選び方」の記事で書いた通りです。まだ読んでない方はそちらから読んでみ[…]

 【理学部人数比較表】

北海道大学 理学部5学科255人
東北大学 理学部7学科324人
名古屋大学 理学部5学科222人
大阪大学 理学部4学科255人
九州大学 理学部5学科258人
東京工業大学 理学院4学科系143人

 特徴的なのは東北大だけで、あとはほとんど同じ募集人員となっています。

高校生向けのHPが充実している

 北大理学部のHPは、高校生に向けてつくられています。非常に面白いです。

 こちらから

 この理学部のHP以外にも各学科が独自にHPを用意していて、そちらの方も情報が多いです。理学部のHPから行けるので、そちらも見てみましょう。

 HPでは積極的に卒業生の声や、研究者同士の対談記事など、高校生にはイメージのしづらい「理学部の研究内容」を生の声を通じて伝えようという姿勢が一貫してみられます

北海道大学理学部の入試について

 入試についてはかなり特徴的です。

北海道大学入試の特徴
  • 総合入試で理系一括募集
    • 大学で学びたいことがまだ決められない人にはオススメ
    • 絶対に入りたい学科がある人には不向きかも
    • なんと入学後文転もできる
 学部を限定せずに、理系で一括募集です。
 それとは別に各部別でも募集をしていますが、定員としては総合入試の方がかなりの割合を占めています。
 そのため、例えば理学部の生物系の学科と農学部を迷っている。大学に入ってもっと違いを理解してから決めたいとか、そういった人にはオススメの制度ですね。
 その反面、絶対これが研究したい!と決めている人は、成績によってはそのコースにいけないので、不向きかもしれません。
 しかし、北海道大学に絶対にやりたいことがあるのならば、入学してから頑張って良い成績を取れば良いだけですので、重く考える必要はなさそうです。
 どうしても怖い人は、学部別入試の方を受験しましょう。

 この入試制度は理系で一括募集ですが、学部選択のときにはなんと文転もできます。

一般的には総合入試(文系)入学者は文系学部へ、また、総合入試(理系)入学者は理系学部へ移行すると考えられますが、他系の学部を選択することもできるので、文系・理系を問わず全学部が移行の対象となります。

 「今一番やりたいと思っていることは農学部にあるんだけど、その次は文系の学科なんだよね」っていう人も結構いるかと思います。
 そんな人にも良いかもしれません。

化学科について

 いよいよの化学科について見ていきましょう。

 理学部の中の化学科の公式サイトはこちらから。

 化学科は、北大理学部のHPの他に、独自にHPを作成しています。独自ページはこちらから。ただ、独自HPは北大の他の学科に比べると残念ながら情報は少ないですね。

化学科の特徴
  1. 2010年にノーベル化学賞を受賞された鈴木章氏が同化学科の卒業生で同大学の名誉教授
  2. 化学は物理学と生物学の中間に位置しており、非常に多彩な内容を含んでいる
  3. 新しい化学を開拓することを目的としています。
  4. 大学院進学率は9割。その後の就職は化学メーカーだけでなく、製薬、食品、自動車、家電、ITなど、幅広い分野で活躍
  5. 研究内容は
    物理化学系
    生物化学系
    無機・分析化学系
    有機化学系
    の4系統に15の研究室がある。

ノーベル化学賞を受賞の鈴木章氏が卒業生

 北大の理学部化学科といえば、2010年にノーベル化学賞を受賞された、鈴木章北海道大学名誉教授が同化学科の卒業生です!

 鈴木章教授のメッセージのページが用意されています。 

科学者はオリジナリティが一番重要!北大理学部で出会った本が僕をノーベル賞に導いた 北海道大学 ユニバーシティプロフェッサー・名誉教授 鈴木 章さん」

 この学科を視野に入れている人は是非ご一読を。

大学で出会う本と先生,そして仲間は本当に大切です。僕自身が北大理学部で出会った本が,先生にそしてノーベル賞となる研究に導いてくれました。

 研究に対してだけでなく人生に対して、大学で出会う本と先生そして仲間は本当に大切だと思います。

 鈴木名誉教授以外も毛利衛宇宙飛行士もこの北海道大学理学部化学科の卒業生です。

化学は物理学と生物学の中間

 化学は物理学と生物学の中間に位置しており、その対象は原子から細胞までスケールも広く、非常に多彩な内容を含んでいます。

化学は原子から生命体までを対象として、それらの織りなす物質世界、生命世界を精緻に探究する学問です。

 とあるように、設置されている研究室を見てみても

 「物理化学系」「生物化学系」「無機・分析化学系」「有機化学系」と大きな4系統のうち2つは物理と生物が関係するものです。

 「物理と化学どっちにも興味があるんだよなぁ」とか、「化学が好きだけど、生命に関することをやりたい」とかそう言った人には良いかもしれませんね。

新しい化学を開拓することが目的

理学部化学科の教育は,既存の科学技術を習得させるのではなく,むしろその本質を解き明かすことによって新しい化学を開拓することのできる創造性豊かなパイオニアを育てることを目的としています。これは本学の化学系学科の中でも,基礎科学としての理学を基盤とする理学部化学科ならではの特徴です。

理学部化学科における化学教育と研究の特徴は、今あるニーズに直接応えるのではなく、むしろ新たな社会的ニーズを生み出すシーズの創造をめざしているところにあります。

 とあります。

 上でも書いたように、化学は多岐の分野に関係しているため工学部や農学部にも化学にまつわる学科は多く設置されています。

 (北大に限らず)化学と名前のついている学科はたくさんあり、どれにいけば良いのか迷ってしまう人も多いと思います。

 理学部化学科を選ぶ理由になるのが、これでしょうね。

 基本的に基礎科学というのは最先端の理論を扱っていくことになります。

大学院進学率は約9割。その後の就職は製薬、食品、自動車、家電、ITなど、幅広い

 ほとんどの人が大学院進学ですね。そのあたりは理学部全体の特徴と言えるかもしれません。

 掲載されている就職のデータは、学部のみではなくて修士(大学院卒)を合わせたものだと思いますが、就職先は多岐にわたっています。

 平成29年度のデータです。

化学46%
情報・電機・通信16%
医薬品・食品13%
機械・鉄鋼10%
教員・公務員5%
その他10%

 さらに、在学生のインタビュー(彩 特集 先輩に聞く!)では

これからの自分の研究では,化合物の名前を複数入れると自動で全部の反応が出てくるようなプログラムの開発を目指します。修士課程に進んでさらに学び,将来はIT企業のプログラマーになりたいです。

 IT企業のプログラマーを目指している人までいました。これはビックリしました。

 化学だけではなく、物理も生物も学ぶことから視野が広くなっていくのかもしれません。

化学科の研究内容

 研究内容と研究室一覧はこちらから。
 物理学系統に6つ、無機・分析化学系に3つ、有機化学系に4つ生物系に2つの研究室が用意されています。
 研究内容については各研究室のHPが用意されているので見ることはできますが、これらは残念ながらあまり高校生に伝えようとして書かれたものではないため、ほとんどの人は見ても何もわからないでしょう。
 研究室の名前から少しイメージ出るくらいですね。
 余談ですが、化学科については、北大の他の学科よりHPの情報が全体的に薄い内容になっていたのが少し残念でした。
 
 さて、話を戻しますが化学科には15の研究室が用意されていました。
 化学科だけでなく北大全体ですが、学生の数に対して用意されている研究室の数が多い印象があります。
 それだけ、教員の数が多いということになりますので、学生にとっては指導を受けやすい環境にあると言えるでしょう。
 ゼミと呼ばれる研究室での少人数での学びが「あらゆる学び方の中で最強」だと思います。
 ゼミによって学生は鍛えられ、学問的に力を付けていくことになります。それまでの講義形式の学びとは密度が違います。緊張感が違います。
 よって、ゼミでの活動が充実していないと、研究生活も充実したものにはなりません。
 その点、北大では、かなりの少人数ゼミが期待できそうなのが良いですね。
 

まとめ

  • ノーベル化学賞受賞者の鈴木章氏や宇宙飛行士の毛利衛氏が同学科の卒業生
  • 化学科は物理も生物も学ぶ

  • それに伴って、様々な分野への就職が可能

このページについての注意

 注意

このページでは、大学の公式サイトなどの一般に公開されている情報を元に解説しています。作成者は大学関係者ではありませんのでご注意ください。
またここで解説した内容は変更されている可能性があります。最終的には必ずご自身で公式サイト等にて確認してください。

最新情報をチェックしよう!