鋭意、作成中。偏差値群Aの大学完成!

先生は絶対ではなく議論は下克上【大阪大学教授からのメッセージ】

この記事では、大阪大学の教授が意識している「先生との関係」を紹介します。 

その内容から、「学び方」が見えてくるのではないでしょうか。

 
室長
今回は大阪大学の教授のメッセージを紹介します。
 
理系の大学に進学を考えている人は、是非この学び方を高校時代から意識して行いましょう。
そうすると、大学に入ってからの学習でも苦労しないと思います!
 

先生は絶対ではなく 議論は下克上

大阪大学教授からのメッセージ

理学研究科宇宙地球科学専攻 惑星内部物質学研究室 の教授である近藤 忠 教授 の文章になります。

理学部パンフレットに掲載されています。

先生は絶対ではなく 議論は下克上

当物理学科創設以来の伝統、それは、「議論は下克上」であるということです。物理において、先生が言っていることが正しいという保証はまったくなく先生によって意見が異なる場合もあります。学生も遠慮なくそれは違うのではないかと言えるし、学生の方がいいアイデアを出すこともあるのです。そういう闊達な議論ができる場がなければ物理学が進歩することはありません。 ただし、議論をするにはそれなりの専門的な知識と実験を通じた現場の経験が必要になることは言うまでもありません。

高校での勉強も同じ

私は、この考え方は高校での勉強でも同じだと思っています。

先生と生徒の関係が

先生は正しくて、答えを知っていて、ただそれを伝達してもらうだけ

という意識になると、生徒は受け身の勉強になり、自分の頭を働かす習慣が身につきません。

もちろん、高校の範囲の勉強では、「未知なもの」を学ぶことはほとんどないので先生が大きく間違っているということは少ないでしょう。

しかし、例えば

 
Schrödinger
もっと良い別解はないかな?
 
とか
 
 
Schrödinger
先生の今の解説だったら、こういう解答になるんじゃないの?
とか
 
 
Schrödinger
こういう考え方はできないのかな?
 
など、「先生の説明や解答に疑問を持つ」ことはできますし、それが勉強する上でめちゃくちゃ大切な思考法になります。
 
そういう考え方で勉強していって単なる答えを聞くような質問ではなくで「先生と議論」のようなことができるようになれば、それはめちゃくちゃ力がついていると思っていいでしょう。
 
 
Schrödinger
今日は先生にどんな質問持っていってやろうか
 
という気持ちで勉強すれば、本当に力がつきますし、基本的に先生もそういう質問をしてくる生徒が大好きなのできっと先生と楽しい議論ができるでしょう!
 
 
Schrödinger
〇〇先生は授業つまんないけど、質問しに行ったらめっちゃ面白いよ
なんてのもよくある話。
 
是非、「先生と議論」してみましょう!
 

他大学でも、学び方についてメッセージあり

近年、塾などの発達により、高校での学習が「受験テクニック」偏重になっているように感じます。

そのことについては、大学も危機感を覚えているようで、北大以外にも「学び方」について多くのメッセージが公開されています。

 

 
室長
大学での学びにつながる学びを高校から意識したいですよね
人間力を身につけるための勉強方法【東工大物理系HPから】]
関連記事

この記事では、東工大の教授が大学1年生に勧めている「勉強の仕方」を紹介します。その内容からもう一歩進めて、高校生のみなさんが今からできる「大学の勉強につながる勉強の仕方」を紹介します。 こんな人いませんか?&nbs[…]

 
大学が覚える危機感。高校生の学びのあり方について【名大大学案内より】
【Coming soon】
 
【間違った意識で勉強するな!「正しい学び方」とは【名古屋大学 数学科】】
関連記事

今回取り上げるのは、名古屋大学の大学院数学科(正確には大学院多元数理科学研究科)のHPに書かれていた「学び方」です。大学大学での学び方の対するものですが、高校生の勉強にも同じことが言えます。 室長高校生のうちにこの勉強方[…]

 
安易に点数を求めることなく、本質的な学習を【阪大からのメッセージ】
関連記事

受験勉強と「学問」の違いなぜこの記事を書こうと思ったのかというと、大阪大学工学部応用自然科学科のHPにおもしろいQ&Aを見つけたからです。それを見て 室長大学での学びに切り替われない学生が多くて、大学も困[…]

 
効率重視の逆算思考の落とし穴。生涯使える学び方【阪大HPより】
関連記事

勉強によって身に付けなければいけない力 室長今回は皆さんには耳の痛い話かもしれませんが大切なことなのでよろしくお願いします。 今回は、大学での学び方について、阪大のメッセージを紹介します。これは、高[…]

 
【カオス理論】感動するほど生物は実にうまくできている【阪大生物】
関連記事

この記事では、大阪大学の教授の生物学紹介の文章を紹介します。 大学での学部学科選びに役に立つと思います。 室長今の科学では生物分野がアツいので、物理・化学選択生が生物に進むのも大アリだと思っています。 現在の最先端の[…]

IMG
最新情報をチェックしよう!